アクリルキーホルダーの作成を業者に依頼するメリットとは?

「アクリルキーホルダーを作りたいけど、自作か業者に依頼するか迷う。」
「結局どちらの方がメリットが多いのだろう?」
「業者のメリットをしっかりと把握しておきたい。」
このように、アクリルキーホルダーを作る際に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
自作できることや、業者に依頼した方がいいことを聞くと、どちらにしたらいいかわからなくて悩んでしまいますよね。
そこで今回は「業者と自作の違い」と「アクリルキーホルダーの作成を業者に依頼するメリット」についてご紹介します。

□アクリルキーホルダーの作り方の種類は?

まずは、作り方の種類から見ていきましょう。
先述したように、アクリルキーホルダーは自作する方法と業者に依頼する方法の2種類があります。
また、自作する方法の中にはさらに4種類の作り方があるので、詳しくご紹介します。

*自作する方法

・プラ板を使う方法
・アクリル板を使う方法
・レジンを使う方法
・ハメパチを使う方法

上記の4種類の方法があるのですが、どれも100均や通販で簡単に買える材料しか使っていないので、あまり工作が得意ではない方でも作成できるでしょう。
プラ板を使う方法では、プラ板、ハサミ、穴あけパンチ、レジン液などを使用します。
他にも、写真を印刷して型にはめるだけのものなど、手軽にできるものがたくさんあるので、自分に合った方法を探してみると良いでしょう。

*業者に依頼する方法

まずはアクリルキーホルダーを作ってくれる業者のウェブサイトを見つけます。
問い合わせをした後に、業者と打ち合わせを行います。
自分の求めているアクリルキーホルダーを作ってもらえるように、打ち合わせの際にしっかりと希望の形状やイラスト内容を伝えましょう。
次に、イラストのデータを作成します。
作成後に入稿されたデータにミスや問題がないかどうかを詳しくチェックしてくれるので安心ですね。
問題がなければ、プリントデータやカットする際のデータを作成して、もう一度チェックし直します。
その後、アクリル板に印刷し、カットします。
不良品がないことが確認できたら、先端パーツを取り付けてできあがりです。

□自作するメリット

自作するメリットは大きく分けて3つあるので、順番に見てきましょう。

*自分の好きな形状のキーホルダーを作れる

とても自由度が高いので、自分の好きな形状のキーホルダーを作れる点はもっとも大きなメリットだと言えます。
自分で好きに作れるので、加工し放題です。
お気に入りのシーンを切り取り、何パターンも好きな形のプラ板やアクリル板を使って、お気に入りの一個を作り出すのもおすすめですよ。

*誰にも知られずに作れる

自作する場合は、自分の趣味や自分で作ったイラストを誰にも見られずに、安心して好きなアクリルキーホルダーを作れます。
他人に知られたくない自分だけの趣味を大切にしている方におすすめです。

*遊び感覚で楽しめる

プラ板やアクリル板を使って自作すると、学校時代に工作していた感覚が蘇って楽しめるかもしれません。
自分の手で何かを作るというのは楽しいものですよね。
作った後も、お気に入りのキャラクターや写真を使ったアクリルキーホルダーとして形に残るので、より長時間楽しむことができます。

□自作するデメリット

 

*自分で材料を揃えなければならない

自作する場合は、プラ板やアクリル板などの材料や、UVライト、穴あけパンチなどの準備をする必要があります。
材料を揃える際に、途中でめんどくさくなって諦めてしまうことも多いので、作ると決めた場合には、しっかりと揃え切りましょう。

*時間がかかってしまう

材料を揃えるために買い出しに行ったり、作成する際に手間取ってしまいウェブサイトを検索したり、と手間がかかることが多いです。
趣味として楽しめるのであれば問題ありませんが、もしその作業がめんどくさいと感じるようでしたらおすすめしません。
自作する場合、たくさん作るのは難しいので、どれだけ作るかを考えて選びましょう。

*仕上がりに納得できない可能性がある

しっかりと工夫して作成しないと、安っぽい仕上がりになってしまうかもしれません。
作るのに慣れないと、なかなか上達しませんので、初めはできが悪くてもめげずに作り続けましょう。

□業者に依頼するメリット

大きく分けて3つあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

*高品質のアクリルキーホルダーを作れる

一番大きなメリットとしてあげられるのが、品質の良さです。
キーホルダーを作る業務用の機械を使えるので、品質を一定の水準に保てます。

*一度にたくさん作れる

もしアクリルキーホルダーを作って販売したいと考えている場合は、業者に依頼するのがおすすめです。
一つずつ手作業で作っていくと、時間がかなりかかってしまい、売れなかった場合にその時間が丸々無駄になってしまいます。
しかし、業者に依頼する場合は、短時間で大量に作れるので、そのような手間がかかりません。
また、販売する予定がなく、少量でも作りたいという場合でも対応可能なところが多いので、ご安心ください。

*デザインが凝った仕上がりになる

様々なデザインのアクリルキーホルダーを作れる点も大きなメリットだと言えるでしょう。
100均や通販で買う材料は、すでに工場で作られた形であることがほとんどです。
しかし、業者に依頼する場合は、様々な形状でおしゃれに作れるところが多いです。
例えば、外側の丸い縁と真ん中のキャラクター以外のところを空白にすることで、ドーナツ状のアクリルキーホルダーを作れます。
キャラクターとドーナツ状の縁とのつなぎ目をリングにすれば、真ん中のキャラクターが揺れ動くような作りにできます。
他にも、存在感のある分厚いアクリルキーホルダーにするのもおすすめです。
表面、裏面の両方に印刷して、白打ちなどもしっかりと行うことで、よりおしゃれにできるのでお気に入りのデザインになるでしょう。
また、台座に立てて使えるようにデザインするのもおすすめです。
このように、さまざまな要望を叶えることができるので、より自分好みに作れると言えるでしょう。

□業者に依頼するデメリット

*費用が高くなる可能性がある

業者によっては、1つからでも注文できますが、送料やデザイン料などを含めると1000円以上かかる可能性があります。
なるべく安く作りたいという方より、少し高くてもいいから高品質な自分だけのものを作りたいという方におすすめです。

*納品されるまでに時間がかかる

業者に依頼することになるので、作られて納品されるまでに多少時間はかかります。
ただ、最近は形状のテンプレートを選び、作ったイラストを業者に送るだけで、数日後に届く場合もあります。
時間がかかるといっても待ち時間があるだけなので、自作するよりも時間はかかりません。

□まとめ

今回は「業者と自作の違い」と「アクリルキーホルダーの作成を業者に依頼するメリット」についてご紹介しました。
自作するメリットとデメリット、業者に依頼するメリットとデメリットを詳しく知っていただけたと思います。
遊びとして楽しみたい、自分のイラストを他人に見られたくないという方は自作すると良いでしょう。
高品質で様々なデザインのあるアクリルキーホルダーを作りたいという方は業者に依頼するのがおすすめです。
この記事を参考に、自分に合った方法で作ってみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

アクリルキーホルダー・ダイカットグッズ の製作・作成ならフルプリワークス
https://furupriworks.com/index.php